Daydream Believer

Daydream Believer
「友達の前では手は繋ぎたくないなぁ」申し訳なさそうに娘が言った言葉に、もうすぐ今の関係が終わるのを予感した。娘、保育園年長。ふと大人っぽく見えたり、突拍子もなく奇声を上げたり、妙に深い質問をしてきたり。こんなに不思議で楽しい生き物と過ごせたひびを、僕は忘れたくないと思ったし、 忘れないでほしいと願ったけれど。まるで夢のように、僕らが過ごした時間は、ほとんどが記憶から消えてなくなる。その事実を前に、僕は写真を撮る事を選んだ。さて、僕もそろそろ次の夢の準備をしよう。
Source: IMA ONLINE
Daydream Believer