写真展「Audrey Hepburn」 (リコーイメージングスクエア銀座)

写真展「Audrey Hepburn」 (リコーイメージングスクエア銀座)
世界中から愛された女優、オードリー・ヘップバーンAudrey Hepburn(1929~1993)。スクリーンでの愛らしく、聡明で、気品あふれる姿は‘永遠の妖精’と言われ多くの映画ファンを魅了し、今もなお絶大な人気を誇っています。今回、Bildarchiv Peter W. Engelmeier, The kobal Collectionの作品から、「麗しのサブリナ」「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」など彼女の代表作である映画のワンシーンやポートレート作品を、さらに著名写真家であるCecil BeatonとRichard Avedonが撮影した貴重な逸品も含め、主にゼラチンシルバープリントのモノクロ作品で約30点、展示・販売いたします。

<img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/56fNPMRq43Ha/864eee17277b8571800956d1bc264f6a"/>
Source: デジカメ Watch
写真展「Audrey Hepburn」 (リコーイメージングスクエア銀座)